加齢変化とは?

40歳前後の女性の中で、急に抜け毛が多くなり、地肌が見える程、髪の毛が
薄くなってしまったと訴えるケースが結構増加している様です。

ただ、よく調べてみますと実は髪の毛が少なくなったのではなくて、細い髪の毛が
増えた為に薄く見えるという事の方が多いのです。

通常髪の毛は30歳を過ぎる頃から細くなる傾向にありますし、また脱毛しやすい
体質を遺伝的に持った女性の場合は、ホルモンに変化の見られる40歳前後から
髪の毛が細くなってきます。

これらの要因が重なりますと、人によっては驚く程薄くなった様に見える事もある様です。

また、かなり個人差はありますが、一般的に、だいたい白髪発生年齢が35歳、
頭髪の半分が白髪になるのが55歳と言われています。

当然、白髪染めの回数が増えますと髪の毛の損傷も大きくなります。
「市販で簡単に染まる」ものは髪の毛が傷まないというわけではありません。

安心して相談できるサロンを見つけられるのが髪の毛の健康に対して大切な事です。

《豆知識》

髪の毛を分類しますと多毛・薄毛・脱毛となります。
細いから弱そうで脱毛すると脅す人もいますが、実際にはそんな事はありません。
髪の毛の健康に気をつけましょう!
posted by マスター at 00:00 | TrackBack(0) | 加齢変化とは?
リンク集
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。